あじの山椒焼き/山椒は魔法の調味料


あじの山椒焼き

【料理長から一言】

愛されてきた鯵

鯵(あじ)の語源は、味の良さから来たという説もあるくらいです。

縄文の昔から日本人に愛されてきた魚です。 

刺身、塩焼き、煮もの、揚げものなど、様々な料理に利用範囲が広いのも、人気の秘密でしょうか?

s-IMG_4063

山椒は魔法の調味料

そんな鯵の切り身を山椒味で焼きました。

日本人には「山椒は小粒でピリリと辛い」といいます。

ご高齢者様ににとって減塩は大切な事柄ですが、実は山椒はスゴイ能力を持った魔法の調味料なんです。

山椒をかけると薄味でも、甘味・うま味・塩味などの味覚を濃く感じるようになります。

薄味のさつま芋を添えました。
s-IMG_4067
【栄養士から一言】

アジは、カリウムが多く高血圧症を防ぐ効果があります。
あじの脂質には、必須脂肪酸である「DHA」や「EPA」が豊富に含まれ、そのなかでも、
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られ、
記憶力の低下を抑えたり、目によいとされています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です