いか団子と野菜のうま煮/いかに柔らかく!


いか団子と野菜のうま煮

【料理長から一言】

野菜をたっぷり!

いか団子はいかと白身魚のすり身で作られた練り製品です。

肉団子とは違って、蒲鉾のような軽い味わいがいいですね。

いかのプリプリ食感を残しつつ、ふんわりとした食感が、ご高齢者様にも食べやすい一品です。

いか団子を、コーン、人参、玉ねぎ、もやし、白菜などと共に、中華風のうま煮にしました。

胡麻油の香りと、色々な野菜のハーモニーが美味しい一品です!もちろん栄養もたっぷり。

旨みの詰まったとろとろスープが、具材を包み込み、野菜はしんなりいっぱい摂れますし、嚥下しやすく、ご高齢者様にはとても有効な一品です。

ごく自然にそしてごく日常的に、野菜をたっぷり摂ることは…とても重要なことです。

IMG_8680

いかに柔らかく!

ただ、ご高齢者様の野菜調理の難関は固いもの、繊維質なものをいかに柔らかくするか・・です。

それには、それぞれの野菜の特徴を踏まえたうえでの調理の工夫が大事です。

今日のような野菜、玉ねぎ、人参、白菜は繊維を断ち切るように直角に切るのが良いようです。

それから、今日のうま煮の場合、炒める前に先ず、蒸す方法です。

予め蒸すことで、柔らかになりますし、栄養を逃がさないように調理できます。おまけに彩りも美しい。

そして嚥下の問題をクリアするには、とろみのつくような調理法・・・今日のようなうま煮ですと、喉の通りがとても良くなります。

IMG_8679

心をこめて

ご高齢者様に限らず、誰もでも食事が楽しめることが、一番大切です。

たのしく食事が出来れば、笑顔も増えますし、消化も助ける。

食べる自信も生まれ、やがて健康にもつながります。

心をこめた調理、丹念な調理は、必ず、ご高齢者様に伝わりますね。

ご家庭でご家族の介護をなさっていらっしゃる方は、きっと献立でご苦労がおありだと思います。

介護食がマンネリ化、好き嫌いもあるかもしれません。

当サイトが少しでも介護食作りのヒントになればうれしく存じます。

特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて

【栄養士から一言】

イカは良質たんぱく質で、低カロリー、タウリンも豊富です。血圧、コレステロールを下げ、肝臓・心臓の働きを高めてくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です