いも煮/冷え対策 内側から温める


寒くなってきました。

ご高齢者様のみならず、若い方も、冷え性に悩む方は多いですね。

冷え性を改善するには、つい外から温めることのみ考えますが、それだけではなかなか改善は見られません。

実は、内側から温める‥つまり食事が大切だと考えます。

冬には、身体をしっかり芯まで温めてくれる料理を提供したいものです。

今日は寒い地方の知恵から生まれた、心も身体もほっこり温めてくれる郷土料理のご紹介です。

s-img_8764

「芋煮(いもに)」は里芋とお肉を使った東北地方で作られる「汁もの」のことです。

今日は、里芋、牛肉、コンニャク、ねぎ、ゴボウ、まいたけ、しめじ、人参、大根を入れ、しょう油と酒、みりん、砂糖で味付けをして煮込みました。

汁には具から出る旨みがたっぷりです。

s-img_8771

根菜やキノコ、身体を温める食材ばかり・・・!

それに里芋はこれから旬、ホクホクして美味しく、栄養価も高く、便秘にもいいですよ!

s-img_8767

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です