かぼちゃの小倉煮/栄養たっぷり


かぼちゃの小倉煮

【料理長から一言】

栄養たっぷり

小豆(あずき)は古くから、邪気を払うとされて、神仏に捧げられる供物に選ばれてきました。

赤い色であることから、めでたいとされ、お赤飯などお祝い事にも使われます。

そしてカボチャは夏が旬の野菜にもかかわらず、常温での貯蔵が可能で、さらに甘味を増し、冬の重要な栄養源として重宝にされてきました。

そんなわけで、冬至の日にかぼちゃの小倉煮を食べると風邪をひかない、という風習があります 。

ですから、この栄養のあるかぼちゃの小倉煮は、通年、たびたび、メニューに入れます。

栄養満点、ほっくり美味しく、ご高齢者様にも人気ですから。

s-IMG_3300

カリウムがナトリウムを追い出す

小豆にはたっぷりカリウムが含まれています。

カリウムは細胞内にたまってるナトリウムを尿中に追い出す作用があり、高血圧の方にはおすすめです

毒素が自然と排出され、むくみを改善してくれます。

 s-IMG_3302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です