かぼちゃの煮物/甘さ、ホッコリ感


かぼちゃの煮物

【料理長から一言】

煮物は出汁によって決まる

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

和食という食文化が育ってきたのは、日本は南北に長い地形で、周囲は海に囲まれ、四季があり、恵まれた環境によるものでもあります。

そして、食材それぞれの旨みを引き出す和食という食文化を支えているのは、出汁だと思うのです。

煮物は出汁によって決まるといっても過言ではありません。

今日の料理は、シンプルなかぼちゃの煮物。
IMG_8290

甘さ、ホッコリ感

かぼちゃの甘さや旨みを大切に、出汁のチカラで極薄味に仕上げました。

醤油は薄口しょうゆで・・・カボチャはこの黄金色が大切ですから、いい色に煮上げます。

かぼちゃの美味しさは何より、本来の甘さ、ホッコリ感でしょうか。

特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて

【栄養士から一言】
かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が豊富な野菜です。これは粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です