きのことベーコンのピラフ


きのことベーコンのピラフ/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】
ピラフとチャーハンは似ていますが、炊いてから炒めるか(チャーハン)炒めてから炊くか(ピラフ)で、ちゃんと違いが出ます。
チャーハンは強火で、たっぷりの油(ラード等)で素早く作るので、ご飯の一粒一粒が卵でコーティングされパラパラの状態になるところに美味しさがあります。
一方、ピラフは、塩味が多く、スープで炊き込んでありますから、旨みがお米に染み込んで、深い味わいになります。
パラパラというよりしっとり・・・。IMG_7417
今日は、秋らしく、たっぷりきのこ(えのきだけ、しめじ、エリンギ、舞茸)や人参、ショルダーベーコンを加え、コンソメスープで炊き上げました。
ベーコンの旨みが、きのこの秋の風味を更に際立たせています。
ピラフは、春、夏、秋、冬・・・野菜、お肉、魚介・・・といった風に、具材によって、いろいろ楽しめますね。
                            特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて
                            
IMG_7420

【栄養士から一言】
きのこ類には食物繊維のほか、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です