チンゲン菜のお浸し/委託給食サービス/フードプランナーアベイル


チンゲン菜のお浸し
【料理長から一言】
クセのない味、彩りも美しく、淡泊な味、通年手に入り、価格も安い・・・・これがチンゲン菜の人気の秘密でしょうか?
チンゲン菜は、中国原産の野菜ですが、今や日本国内での栽培が進み、馴染み深い野菜のひとつになりました。
日本にチンゲンサイが入ってきたのは、昭和後期になってからのことですから、ご高齢者様もこの野菜が徐々に日本に浸透してきた様子をご覧になって来たはずです。
葉野菜の中では、アクも無く、加熱しても比較的シャキシャキ食感が残るところが一般的にはうれしいのですが、ご高齢者向けに一工夫が必要です。
中華料理には欠かせない食材ですが、今日はシンプルに”お浸し”です。
繊維を切るように包丁を入れ、かなり柔らかく湯がき、ヒタヒタ醤油味の出汁を含ませて。。。
IMG_5289
ミネラル豊富な緑黄色野菜「チンゲン菜」はカロリーも低く、ヘルシー。。
和食は、食材本来の味わいをそのまま生かす料理です。
まさしく”お浸し”は、その代表だと思えるのです。
外国にはお浸しの文化はない。。。
IMG_5294

【栄養士から一言】
青梗菜は、ビタミンC、β(ベータ)-カロチンなどのビタミン群、鉄・カルシウム・リンなどのミネラル成分、食物繊維を豊富に含み、特にβ-カロチンはピーマンの約6倍も多く含んでいる。
風邪の予防、美肌作用、貧血の予防、便秘対策、成人病予防など様々な効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です