冷やしたぬきそば/江戸っ子を想う


そばと言えば、「江戸っ子」を連想します。

一つ  生醤油くらいの濃いつゆにそばの下1/3だけつける。

二つ  そばは噛まない。

三つ  そばは音をたててすする。

などと、チャキチャキの江戸っ子の生き方、粋やいなせを好み、野暮を嫌う美学にも重なる逸話があります。

施設のご高齢者様もきっとおそばは好きなはず。

今日は冷やしたぬきそば。

IMG_0533

ちなみに江戸時代の終わりごろには、天かすを乗せる「たぬきそば」が登場したらしい。

天ぷらの種抜きがたぬきそばの語源という説もあるようです。

IMG_0540

天かすの油が麺やつゆに絡み、本当に美味しい。

おまけに天ぷらのカスに着目して、そばに取り入れる、この江戸っ子らしいB級グルメの魁のような発想は、素晴らしいとつくづく思います。

今日は季節のきゅうり、カニカマも乗せて、彩りよく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です