回鍋肉/某CMでお馴染みの・・・


回鍋肉

【料理長から一言】

某CMでお馴染みの・・・

ものすごい勢いで回鍋肉を食べる父娘・・・と、最後の一切れが残り、二人が目を合わし、娘が最後の一口を勝ち取る・・・この某CMを見ると無性に、回鍋肉が食べたくなります。

施設のご高齢者様、このコマーシャルのように、モロモリ召し上がってくださいね。

本日の食物繊維たっぷり食材「キャベツ」を、使った回鍋肉。

IMG_3689

下茹で・・・

肉や野菜を下茹でしておいてから、再び鍋にもどすことから「回鍋肉(ホイコーロー)」といわれますが、これはご高齢者様には、お肉を柔らかくヘルシーに召し上がって頂くには、好都合なメニューです。

具材は食べやすい大きさに揃え、しんなり下茹でし、しっかり炒め、さらに辛さを控えめにし、高齢者の方にとっての食べやすさを優先いたしました。

それに、野菜も、生のままだとたくさんは食べられませんが、加熱すれば、たくさん食べることができます。
タレは味噌、豆板醤、甜麺醤、醤油などを使っていますが、辛さと塩分は極々控えめに。

季節の野菜で!

 このメニューは、 特に春先には、春キャベツの美味しさを堪能できる一品です。

一般には、中国の回鍋肉には、キャベツが入っていないそうです。

ありあわせの野菜を使って、回鍋肉を作るのもいいですね。

ピーマンや、ニンニクの芽、玉ネギ、人参など季節の野菜でバリエーションを楽しんでもいい。

五目もいいですね。

便秘の予防にも、食物繊維の多い、それでいて柔らかな一品となりました。

【栄養士から一言】

キャベツに含まれている栄養素は多く、特にビタミンCが豊富で、大き目の葉2~3枚で一日の摂取量のビタミンCを摂取できるそうです。

豚肉は必須アミノ酸をバランスよく含んでいて、身体への吸収率も高いです。 また、糖質が分解してエネルギー源になるのを助けるビタミンB1もたっぷりなので、積極的にとり入れたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です