天ぷらの盛り合わせ/粋な江戸っ子たちの粋な食べ物


天ぷらの盛り合わせ

【料理長から一言】

粋な江戸っ子たちの粋な食べ物

天ぷらは、室町時代に日本に入ってきた南蛮料理の一種だそうです。

そんなに昔からあるんですね。

江戸時代には、「天ぷら屋」と呼ぶばれる屋台が流行って、串にさした揚げたての天ぷらを立ち食いしていたようです。

江戸庶民の大衆料理だったのですね。

粋な江戸っ子たちの粋な食べ物だったのでしょうね。

IMG_2794

「天ぷらは蒸し料理だ」という人がいます。

天ぷらの調理は、衣の中に素材を閉じ込めて、いわば素材を蒸す状態で加熱することから。。」。

天ぷらは、なかなか奥が深い。

IMG_2792

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です