桜ごはん/世の中にたえて桜のなかりせば・・・・


 桜ごはん

【料理長から一言】

世の中にたえて桜のなかりせば・・・・

桜が満開です。

「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」

この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに

この歌は、在原業平によって詠まれたものです。

春の季節には、桜があるために人々の心が穏やかでないことを述べて、人の心を騒ぎ立てる力のある桜の素晴らしさを伝えようとしている作品です。

IMG_9973

諸行無常・・・

本当に日本人は桜が好きですよね。

現代でも桜の開花がニュースになりますが、これは昔々から、日本人は桜の開花を待ちわび、散るのを惜しみます。

どうして日本人はこれほど桜が好きなのでしょう。

桜を愛で、こうして食べてしまうのですから。

「諸行無常」・・・・この世のものは常に物事は一つところにとどまらない、すべて移ろい行くものです。
桜の花は、まさにその象徴ですね。

そういう仏教的な思想が、どうも日本人の美的感覚に訴えるのではないかと思います。

桜の花の優しいピンク色が嬉しい桜ご飯で、華やいだ気分を生かしてみました。

特別養護老人ホーム「今井の郷」「美立の杜」でも、毎年、花見のイベントが催されます。

春を満喫できる桜ごはんを楽しんでくださいね♪ う~ん!春の香りです。

 IMG_9971

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です