白身魚フライ/若さを保つには?


白身魚フライ

【料理長から一言】

のり弁の定番!

今から35年前、「ほっかほっか亭」が、白身魚のフライ、ちくわの天ぷらを乗せた海苔弁当売り出し、大ヒット・・・はや35年ロングセラーです。ホカ弁の定番中の定番・・・「のり弁」安くて美味しいですね。

今ではどこのお弁当やでも、コンビニエンスストアが、「のり弁」は売られていて、上に乗せられている定番は白身魚フライとチクワ天・・・親しまれていますね。

決して高級ではないですけど、のり弁は美味しい!

その美味しいのり弁に、貢献し続けてきた白身魚フライ、長く私たちの生活に慣れ親しんだ、白身魚フライ・は、庶民の味という感じで、ボリームがあって、肉よりも広い年齢の人・・・だれでも食べやすいです。

白身魚フライ・・・なぜか○○のフライではなく、白身魚と総称で呼びます。一体、白身魚は何の魚でしょう?

一般的に、白身魚のフライとして使用されている魚は、ホキ、メルルーサ、スケトウダラ、タラ、スズキ、オヒョウ、キャットフィッシュ・・・・といった魚があるようです。

IMG_8687

若さを保つには?

施設のご高齢者様には、できる限り若さを保っていただきたいです。

若さを保つには、もちろん心の持ち方や運動が大切ですが、食事が基本です。

かつて肥満を予防して、「生活習慣病」にかからないための食事は、肉や脂を控えるようにいわれてきましたが、高齢期には、健康な方であれば、たんぱく質をたっぷり含む食品や脂を積極的に摂るべきだと考えます。もちろん適量を上手にとりましょう。

「揚げ物はねぇ・・・」と敬遠されるご高齢者様も、白身魚のフライ・・・これならお好きでしょう?

サックサク、身はふんわり・・軽い食感で、食べやすいフライです。

                       特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて IMG_7730

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です