あさりの味噌汁/昔、磯遊びと呼ばれた潮干狩り


あさりの味噌汁

【料理長から一言】

磯遊び

今日はシンプルなあさりの味噌汁。

ご存知の通り、しじみ・あさり等の貝類はとても美味しい出汁が出るため、和食でも洋食でも多くの料理に使えます。

みそ汁からボンゴレビアンコまで。

貝塚は石器時代のゴミ捨て場ですが、そこにはあさりの貝殻がたくさん発掘されますから、昔からアサリと日本人は密接なつながりだったのですね。

あさりなどの貝を採ることは、食べものを得るとともに、「磯遊び」といわれる文化や風習の一部になっていきました。

今の潮干狩りの原型でしょうね。

 

s-IMG_4969

春のあさり

春、この時期はあさりが旬、ご高齢者様にも旬のあさりを、しみじみと味わっていただきたいですね。

一般的にあさりの旬は春と秋なんですが、特に春は身が肥えてて美味しいんです。

潮干狩りと言えば春ですから。。。

あさりと味噌は、相性抜群。味噌のチカラで、あさりの旨味がきわだつと思えます。
s-IMG_4970【栄養士から一言】
あさりには貧血と関係の深い鉄分・ビタミンB12が豊富に含まれます。

その他あさりにはカルシウム・カリウム・亜鉛・銅・クロムなどのミネラル、ビタミン、タウリンなどが多く含まれている。

特に、タウリンには、血圧の正常化、心臓強化、血中コレステロールの減少、貧血の予防、肝臓機能の促進、糖尿病の防止など多くの効用が認められている、うれしい食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です