かぼちゃの小倉煮/風邪なんて寄せ付けない。


かぼちゃの小倉煮

【料理長から一言】

風邪なんて寄せ付けない。

今年の冬至は12月22日。

この日に、かぼちゃを食べるしきたりは、江戸時代位から始まったと言われます。

昔は今の様に、ハウス栽培や流通などが進んでいませんでしたので、冬場は特に野菜が不足しがちでした。

その時期に比較的保存のきく食材だったカボチャを冬至の日に食べて冬を乗り切ろうという知恵が由来のようですが、現在ではかぼちゃの栄養価の素晴らしさが立証され、栄養価の意味で、冬至かぼちゃを食べれば風邪をひかないと言われるようになりました。

一方、小豆の赤は邪気を祓うと言われているため、運気を呼び込もうという、食材です。

この二つを合わせた「かぼちゃの小倉煮」もう無敵!

これを食べれば、風邪なんて寄せ付けない。

IMG_6336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です