さばの煮付け/島国の恩恵


さばの煮付け

【料理長から一言】

骨抜きが鉄則!

鯖の旬は秋から冬・・・美味しい季節がやってきました。

煮からめた鯖の煮付けは、ご飯がとても進みます。

鯖は味噌煮もいいけれど、醤油味の煮付けもいいですよ。

もちろん、老人ホームのメニューでは、魚は全て、骨なしが鉄則です

魚は好きだけど、骨があるから食べたくないなどと、魚の骨が魚料理を敬遠する理由となっている場合もあるのではないでしょうか?

弊社では、骨抜きの加工した魚を使用しています。

IMG_7812

島国の恩恵!

日本は島国ですから、日本人の健康は、良質なたんぱく源として古くから豊かな海の恵みに支えられてきました。

イワシ、サンマ、サバ、アジ、カツオ、ブリ、マグロなどの青魚は、日本人の健康維持に大いに役立ってきたわけです。「青魚」とは、背が青または黒で、腹側が白い魚の総称です。

近年は食生活の欧米化によって肉食が増えるとともに、なんとなく「調理が面倒」という思い込みもあり、魚介類の摂取量が年々減っています。

青さかなは美味しく、そして、栄養豊富です。島国の恩恵を感じながら、もっと青魚を食べましょう!

IMG_7813

【栄養士から一言】

米食にベストマッチ!

サバの脂質にはEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がとても多く含まれています。

これには、血中のコレステロール中性脂肪を減らす働きがあります。

日本人の主食である白米は、必須アミノ酸のリジンが不足しているので、魚などの良質なたんぱく質を含む食品とともに摂ることで、バランスよくアミノ酸を補うことができ、まさしく、米と魚はベストマッチです。IMG_7817

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です