ぶりの照り焼き


ぶりの照り焼き/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】
12月から2月のこの寒い時期は鰤(ぶり)の旬です。
ぶりは、出世魚で知られます。
(つばす→はまち→めじろ→ぶりと、魚の成長に応じて異なる名前で呼ばれる魚です)
縁起の良い冬の魚の代表で、お正月にも食べられます。
そんなめでたいぶりを、今日は照り焼きにしました。
IMG_7974

砂糖、みりんを含んだ醤油だれを、ぶりに塗りながら焼く調理法で、何度も塗りながら焼くと、照りが出る・・・照りが出るごとに味わいも増します。
周りは照り照り・・中はふっくらです。
脂ののった寒ブリと照りだれの相性は抜群!
ブリの照り焼きは、日本の食文化、産業に深いかかわりを持った献立だと感じます。

【栄養士から一言】
ぶりは良質なたんぱく質と脂質をはじめ、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素を含んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です