まつたけご飯/日本の食文化


まつたけご飯といったら、旨みや香り、独特の歯応えを楽しむのが身上ですね。

そして秋の訪れを感じさせてくれる風物詩。

高級食材ですが、秋には一度は味わいたいですね。

この松茸、主にアカマツ林に生えるのだそう・・。生きた木・・アカマツの木の根にしか生えなくて、他のきのこのように人工栽培ができないというのが高級食材だとされる所以です。

施設のご高齢者様も、まつたけご飯は、毎年喜んでくださいます。

s-img_8555

長い歴史の中で、さらに数あるキノコの中で、松茸は古代から愛されて続けてきたようです。

奈良時代の歌集「万葉集」に次のような歌があります。

高松の この峰も狭(せ)に 笠立てて 
満ち盛りたる 秋の香のよさ   
       作者不詳
 
高円山の峰も狭しとばかりに、見事に茸の笠が開いているよ
満ち盛っているのは、秋の香りの良さですね

これは松茸の歌ですね。

s-img_8562

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。。日本人が古く、松茸を愛してきましたが、海外では松茸の香りを好む食文化は理解できないようですね。

s-img_8560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です