ボロニアソーセージ炒め/十分な存在感!


ボロニアソーセージ炒め

【料理長から一言】

エマルジョン状態

ボロニアソーセージは、イタリア・ボローニャ発祥の伝生地統的な太いソーセージで、エマルジョン生地の中にラード(脂身)の小片が入ったものです。

このエマルジョン生地というのは、混ぜ合わせて乳化した状態のことを言うようです。

噛んだ時にプリプリッと弾力のある食感がたまりませんね。

これはエマルジョン状態によるものらしいです。

IMG_2838

十分な存在感

今日は、ボロニアソーセージをキャベツや玉ねぎ、人参、コーンとともに炒めました。

ボロニアソーセージは少し厚めの拍子木切にしましたので、むっちっとしたボリューム感。

十分な存在感を感じます!

 

IMG_2840

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です