レタスサラダ~生野菜苦手意識を吹き飛ばす!


レタスサラダ

【料理長から一言】

魚の保存食の知恵

米・魚を中心とした食生活を営んできた日本は、世界有数の魚食大国です。

ただ、魚離れが進んでいることは否めません。

原因は、調理の面倒さ、そして骨など、扱いづらさからくる苦手意識でしょうか?

先人たちは、魚を好み、その保存方法もいろいろ工夫してきました。生活の知恵といってもいいです。

保存食は手作りで作られたのが始まりで、漬け魚、干物、加工品などがあり、地域ごとに独自の食文化を築いてきました。

その後、瓶詰めや缶詰、冷凍による保存方法の確立の後、保存技術は様々な進歩を遂げています。

IMG_9154

ご高齢者の生野菜苦手意識を吹き飛ばす

今日は鮭フレークの瓶詰を使用した、メニューです。

レタス、きゅうり、人参を使った、簡単お手軽なサラダですが、鮭フレークを入れることで、リッチなテイストになりました。

本来、ご高齢者は生野菜が食べにくい・・・生野菜は、歯ごたえがあり、パサパサしているものが多く、口の中でまとまりにくいのです。

ノンオイルフレンチドレッシングで和え、しっとりクリーミーな食感が、ご高齢者の生野菜の苦手意識を吹き飛ばします。

IMG_9151

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です