八宝菜/「八つの宝」という名前、なんてめでたい名前。


八宝菜

【料理長から一言】

今日は「八宝菜」。

こういった野菜や海鮮などを炒めて、とろみをつけて仕上げる料理は、咀嚼しやすくご高齢者様にお勧めです。

とろみは、つや感がでて視覚的に効果的ですし、味覚的にコクを感じさせ、何より、誤飲も防ぐ効果があります。IMG_5639八宝菜…、「八つの宝」というその名前は、なんておめでたい名前なんでしょう。

数々の宝を集めてつくったようにおいしい料理だから、「八宝菜 」と名付けられたようです。

日本でも八は末広がりといい、縁起の良い数字です。

中国でも同様に八の字はめでたいようです。

八つというのは8品ではなく、たくさんという意味のようなんですがね。
IMG_5646今日の素材は豚肉、キャベツ、玉ねぎ、椎茸、ピーマン、人参、もやし、ナルト。。。今日の八つの宝です。
具材はその季節によって、旬の野菜を楽しむのもいいですね。
IMG_5648とろとろ、とろみが具材の旨みを閉じ込め、ごはんにのせても、焼きそばにかけても、チャーハンにのせても、メチャクチャ美味しいのです。

【栄養士から一言】
野菜たっぷりの八宝菜は栄養バランスの良いメニューです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です