八宝菜/多様な食品を組み合わせること


八宝菜

【料理長から一言】

「噛んで食べる」ことが一番の幸せ

肉も野菜もたっぷり頂ける八宝菜・・・・さっぱりとした塩味の八宝菜です。

鶏肉や野菜からいいダシが出て深~い旨み。

小さ目にカットして、柔らかく調理した野菜も、ご高齢者様にとっては程よく噛むことで、満足感が得られます。

無理なくご高齢者様に、召し上がれる柔らかさ・・・。やはり、人間は「噛んで食べる」ことが一番の幸せです。

IMG_0014

多様な食品を組み合わせること

今日の八宝菜は、豚肉、白菜、玉ねぎ、干しシイタケ、人参、ピーマン、もやし、なると・・八品・・八宝菜。

八はたくさんの意味の八ですが。なぜかこだわって。笑

「 一日30品目を目標に」といわれますが、1985年厚生省(現厚生労働省)が作成した「健康づくりのための食生活指針」で提唱されたのが始まりです。

30品目に限らず「多様な食品を組み合わせる」ことが重要です。

 IMG_0012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です