小松菜とあげの煮浸し/「お揚げ」は女房詞


小松菜とあげの煮浸し

【料理長から一言】

「お揚げ」は女房詞

女房詞ってご存知でしょうか?

室町時代初期に宮中に仕える女官たちが使っていた一種の隠語です。

その代表的なものに「お」のつく単語があります。

腹⇒「おなか」

強飯(こわめし)⇒「おこわ」

欠餅(かきもち)⇒「おかき」

味噌汁⇒「おつけ」

鰹節⇒「おかか」

田楽⇒「おでん」

おがつくものだけでもたくさん。

それが、今日常使う言葉になっているからすごい。

IMG_4839

おっと、話がそれましたね。今日の料理は「小松菜と揚げの煮びたし」。

油揚げを「お揚げ」といいますがこれも女房言葉。柔らかい響き。

ちなみに「おいしい」も女房言葉。

女房言葉は使いやすくて、この上なく優しい。

IMG_4838

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です