広島焼き


広島焼き/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】
小麦粉を溶いて焼いた薄い生地の上にキャベツなどの野菜類をのせ、さらにそば玉で挟んで蒸し焼きにした、広島地方独特のお好み焼・・・・ご当地グルメ、「広島焼き」です。
IMG_7898
戦後、小麦粉を水で溶いて薄く延ばして焼き、その中に観音ネギをまぶして一緒に焼いたものでしたがが、そのうち、ネギに代わり、安いキャベツが使われるようになったのが、広島焼きの原型です。
次第に中華麺を入れることで、さらに現在のの広島焼きに成長していったそうです。
広島風は、具を生地に混ぜないで、重ねていくのが特徴です。
今日は、キャベツ、もやし、豚バラ肉、てんかす、焼きそば、卵・・・・どんどん重ねてジュージュー焼きました。青海苔、削り節を散しました。
郷土料理でもある広島焼きには、長きにわたる歴史が息づいているようです。
なんといっても麺の存在感が特徴!
ガツンとボリュームたっぷり!
             特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて
IMG_7902

【栄養士から一言】
広島焼きは小麦粉だらけのように見えますが、かなりの量のキャベツを使用しています。
知らずに野菜をたっぷり頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です