牛肉と焼き豆腐の煮込み/焼き豆腐の心意気!


牛肉と焼き豆腐の煮込み

【料理長から一言】

焼き豆腐は味がしみやすい。

今日は牛肉と焼き豆腐の煮込み。

焼き豆腐は、周知のとおり、木綿や絹ごしなどとの違いは、表面が焼いてあるという点ですが、その効果は大きく、焼いてない豆腐に比べ断然、崩れにくいです。

すき焼きの場合、鍋の中に皆でお箸を入れますので、焼き豆腐の方が崩れにくくて、箸でつかみやすいのですね。

それに、焼き豆腐は普通の豆腐に比べて味がしみやすく、弾力があり、煮くずれしにくいです。

IMG_9336

主役はどちら?牛肉?焼き豆腐?

昔は金串に刺して炭火で焼いていたようですが、今はバーナーでしょうか。

こうして、豆腐本来の旨みと、牛肉の味わいが、交わり、美味しいことと言ったら・・・。

主役はどちらでしょうか?牛肉?焼き豆腐?

IMG_9330

「焼き豆腐の心意気」

江戸時代、焼き豆腐は田楽でも鍋料理でも美味しいことから、「たとえ、火の中水の中」という意味を「焼き豆腐の心意気」という言葉に置き換えて使ったそうです。

洒落ですね。当時の江戸っ子の洗練されたユーモアですね。そしてそこに「粋」を感じませんか・

昔から、日本人の愛してやまない豆腐の美味しさを感じます。

IMG_9334

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です