豆腐グラタン/いいこと尽くし


豆腐は、お肉や魚より低カロリーでありながら、良質なタンパク質を含み、「畑の肉」と呼ばれます。

欧米でも、豆腐は「TOFU」と呼ばれ、今や世界共通語。

欧米で人気を得た理由は、豆腐がヘルシーであることです。

ことにアメリカは人口の三人に二人は肥満と診断されているそうです。

お肉の食べ過ぎによる動脈硬化、脳卒中、心臓病、糖尿病などの生活習慣病の対策として、TOFUは、次第に需要を増し、「世界のTOFU」になりました。

豆腐はくせもなく、どのような料理にも合います。

ステーキなど、そのまま、お肉や魚に置き換えることができます。

IMG_1112

今日の料理は、豆腐グラタン。

隠し味に味噌を使って、さらにヘルシーになりました。

とろとろのホワイトソースに、絹ごし豆腐の食感がよく合います。

豚ひき肉を混ぜました。

ホワイトソースと豆腐のトロトロ食感に、ひき肉が程よいアクセントをプラスしています。

たっぷりパン粉と粉チーズを振って香ばしく焼き上げました。

ご高齢者様には、低カロリーで、高たんぱく、のど越しもよく食べやすく、いいこと尽くしのメニューです。

IMG_1114

欧米の人たちはきっと、もっと不思議で斬新なTOFU料理を作っているのではないかなと思います。

それもちょっと興味深いですね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です