赤魚の煮付け


赤魚の煮付け/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】

赤魚の煮付けはご飯の進むおかずです。

日本人はどうしてこんなに煮魚が好きなんでしょう。

 IMG_8440

遺跡から多くの魚の骨が発見されていることが、縄文時代、弥生時代から、魚は、いつも日本の食生活の中心にあって、好まれてきたことを、物語っています。

今でも、日本人は、アメリカ人の三倍も魚を食べるのだそうです。

たんぱく質を魚や豆でとり、さらに野菜や海藻でビタミンやミネラルを補い、お米でエネルギーを摂取する・・和食の基本は一汁三菜ですから。。

なぜか煮魚には小松菜などの青菜を添えているのを見ますね。

独特な風味と食感を持つ小松菜は煮汁をたっぷり吸って美味しいです。

特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて

IMG_8439

【栄養士から一言】

小松菜は、緑黄色野菜の中でも栄養価の高さは群を抜いています。

全てのビタミン、ミネラルを豊富に含むほか、鉄分やカルシウムもたっぷり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です