赤魚の粕漬け焼き/丹念に心をこめて。


赤魚の粕漬け焼き

【料理長から一言】

 

「魚を焼く」ということは極めて、原点に帰ような、シンプルを極めた調理方法だと感じます。

原点でシンプルだからといって、大雑把ではダメ。丹念に、心を込めて。

表面はカラッと香ばしく焼いて、余分な脂や生臭みを追い出して、旨味と栄養が飛ばないように、中に閉じ込めて。

CIMG6819

 今日の魚は粕漬けですから、焦げやすい。

更に丹念に心をこめて。

CIMG6822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です