鮭の粕漬け焼き~愛する故郷に戻る鮭


鮭の粕漬け焼き

【料理長から一言】

粕漬けの歴史は深く・・

先人たちの智恵と経験を受け継いだ粕漬けは、日本の貴重な伝統食です。

その歴史はとても古く、奈良時代や平安時代から始まったと言われています。

清酒を搾ったあとに残るのが酒粕です。

もしかしたら、日本酒と同時に粕漬けが存在していたのかもしれませんね。

IMG_9176

愛する故郷に戻る鮭

鮭は、日本人の好きな魚ランキングに於いて、マグロにつづく、2位です。

お歳暮に新巻鮭を贈る習慣には、理由があるようです。

鮭は川で生まれ海に出て3~5年後には必ず故郷の川に忘れることなく戻ってきます。

特に、北海道に渡った人達が愛する故郷への万感の想いと、故郷に戻る鮭と、重ねあわす、特別な魚だったのでしょう。

IMG_9177

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です