里芋の味噌煮/委託給食献立


里芋の味噌煮
【料理長から一言】
煮物は醤油ベースのものが多いですが、たまには白みそを使った煮物も良いものです。
本来の食材の色も綺麗に出ますし、とてもまろやかな優しい味に仕上がりました。
弱火でコトコト煮込むことでコクも出て、形も崩れることなく、コロコロ可愛い里芋の煮物の出来上がり!
こういう優しい味って本当に心和みます。いんげんや人参と煮て、彩りも良くなりました。
お味噌は日本人の食生活そのもの、まさに食文化です。
江戸時代のことわざに、「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」というのがあったようです。
今でも発酵食品である味噌には多くの効用が認められています。

お味噌には多くの種類があり、材料によっても地域によっても様々で、実に奥深い調味料です。
深い深い味わいをもたらしてくれる味噌煮は、ご高齢者様にも喜んで頂けるメニューに違いありません。
IMG_3585
【栄養士から一言】

里芋の主成分はでんぷんです。
実は独特のぬめりに重要な薬効があります。ぬめりは落とさないで~!
ぬめりにはガラクタンとムチンという物質が含まれていて、ガラクタンは癌や潰瘍の予防、ムチンは肝臓、腎臓の補益、老化防止、胃腸の活性化、糖尿病、便秘に効果的です。IMG_3584

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です