かれいの塩焼き/魚料理も肉料理も万遍なく・・・


かれいの塩焼き

【料理長から一言】

魚料理も肉料理も万遍なく・・・

周囲を海に囲まれた日本では、日本人の食生活に深く根付いてきたのが魚食でした。

日本人は、はるか昔から、豊かな魚食文化を育んできました。

しかし、今、日本では魚離れ現象が深刻な問題となっています。

魚離れの原因は、子供が魚介料理より肉料理の方を好むということが、TOPの理由のようです。

施設のご高齢者様は、魚料理も肉料理も喜ばれます。

・・・が、逆に、歳をとったら魚料理という一時代前の傾向とは違ってきたのかなと感じます。

この頃のご高齢者様は、どんなジャンルの料理も抵抗なく召し上がります。

今の子供たちも、抵抗なく、万遍なく、食べてすくすく成長してほしいですね。

IMG_4690

ふり塩の意味

今日は、カレイの塩焼き・・・

塩焼きはその名の通り、塩をふって焼くという単純明快な料理です。

この「ふり塩」は魚に塩味をつけるだけではない。

それは、塩により、魚の身が引き締まり、弾力を増し、旨み成分が生まれます。

 それから、塩を振ると水分とともに生臭さを抜いてくれます。

IMG_4695

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です