さつま揚げとひじきの煮物


さつま揚げとひじきの煮物

【料理長から一言】

揚げかまぼこのジャンル

生活が欧米化し、成人病や肥満がいろいろ問題になっていますが、日本の伝統食、さつま揚げは注目のヘルシーフードです。

さつま揚げは、 琉球から伝えられた中国料理の「揚げる」技法が、古来からのかまぼこ作り製法に加わって、現在のさつま揚げができたと 言われています。

魚肉を糊状にすりつぶした「すり身」でつくられていて、揚げかまぼこのジャンルに入るようです。

s-IMG_4248

たんぱく質&カルシウムたっぷり!

しなやかで柔らかですし、魚の風味もほんのり、もちもち食感もよく、ご高齢者様に、お勧めの食材です。

 

さつま揚げにひじきをプラス、彩り綺麗な人参と煮ものにしてみました。

さつま揚げは良質なたんぱく質やカルシウムがたっぷり、それに、牛乳の12倍ものカルシウムを含んだひじきと煮合わせましたので、まさにカルシウムのW効果です。

さつま揚げはその旨みからお出汁もよく出ますので、おいしい煮物になります。
これはご飯もすすむ一品ですよ。う~ん、優しい味!!

特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて

s-IMG_4247

【栄養士から一言】
ひじきはミネラルに富み、骨粗鬆症の予防になるカルシウム、貧血予防の鉄分、塩分を排泄する働きのあるカリウム、体内での酵素の働きを助けるマグネシウムなどを多く含む、うれしい食品です。
さつま揚げも、たんぱく質、カルシウムを含む食品です。

IMG_8363

IMG_8358

【栄養士から一言】

ひじきは、鉄分のほか、ビタミンA・食物繊維・カルシウムなどもたっぷり含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です