ほうれん草のごま和え/アクの正体


ほうれん草のごま和え

【料理長から一言】

アクの正体

小松菜にはアクはないのに、ほうれん草にはアクがある。

これ不思議ですね?

ほうれん草のアクの原因は、シュウ酸という成分です。

シュウ酸はカルシウムと結びつき、結石を引き起こします。

ほうれん草のアク抜き、つまり「ほうれん草を茹でる」ということなのです。

茹でることで、ほうれん草に含まれるシュウ酸はほとんど流れ出てしまいます。

これに比較し、小松菜にはシュウ酸がないのです。

IMG_3642今日は、ほうれん草のごま和え。

アクはしっかり抜きました。

 茹ですぎると栄養も流れてしまいますから、できるだけ短時間で茹で上げ、冷水に浸す時間も短く、すぐにきゅっと絞ります。IMG_3644

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です