チキンのホワイトカレー/まろやかさとその白さが身上


夏といえば、カレーといわれる所以は、スパイスが持つ力でしょうか?

今日は、チキンのホワイトカレー。

IMG_0328

クリームソースをベースに作られたまろやかな優しい風味で、ターメリックなどのカレーの黃色のもとになるスパイスははずしてあります。

素材の美味しさを引き立てる名脇役、おろしニンニク、生姜も外せません。

具は、鶏もも肉、玉ねぎに加え、しめじ、人参、インゲンが、白いカレーに映えます。

IMG_0324

まるで、シチューのように見えてますが、1口食べると、スパイスの効いたカレーです。

使うスパイスは。まずクミンはカレーらしい香りを特徴づけるスパイスで、辛さとほろ苦さもあります。

それから、コリアンダーは、ほんのり苦く、甘みを引きたてます。
香菜(パクチー)の種を乾燥させて粉末にしたもの。こちらもカレーらしい味わいを代表するスパイスですね。柑橘系のような甘く爽やか、ほのかにスパイシーな香りがします。

もう一つ、カルダモン。「香りの王様」と呼ばれ、清涼感が加わります。カルダモンはわずかな苦みと、清涼感のある強い香りが特徴のスパイスです

IMG_0326

やっぱり、ホワイトカレーは、まろやかさとその白さが身上ですから、スパイスも色つかう他、玉ねぎなど具を炒める時も気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です