八宝菜/具材の数を数えて・・?


八宝菜

【料理長から一言】

八種類熱望

八つの宝と書いて八宝菜、五目うま煮ともいいますね。

八宝菜8種類の“八”は、“たくさんの”という意味で、具が八種類、入っているという意味ではないのですが、施設の管理栄養士さんが、八つ入れて~っと。笑

確かに八は縁起の良い数字ですから、管理栄養士さんの八種類熱望(笑)には真心がこもっているに違いない、(ご高齢者様の食事ですから)、是非とも八種類を守りたい。

そもそも、ご高齢者様の時代には特に縁起が大切だったでしょうから。

今日は、➀豚肉、➁白菜、➂玉ねぎ、④しめじ、⑤ピーマン、⑥人参、⑦もやし、⑧なると。

それぞれの素材の下ごしらえをして、味付けは薄味で。

IMG_5750

具材の数を数えて・・・

具材は季節によって変えたりして。

今日の八種類は何?一つ二つ・・・と数えながら召し上がってくださいね。

IMG_5755

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です