小松菜とあげの煮浸し/美しい言葉「おばんざい」


小松菜とあげの煮浸し/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】

煮物と煮浸し

煮汁をたっぷり吸ったあげと、しゃきとした小松菜がとってもベストマッチングです。

薄めに味付けて、汁をたっぷり含ませます。
ことこと煮込むのは・・・煮物。

さっと煮て、そのまま冷まして味を含める料理…煮浸し。

煮物ではなく煮浸し。この辺の違いが、日本料理の奥深さです。

食材本来の味やかつお風味の出汁を楽しむ煮浸しです。
IMG_7780

美しい言葉「おばんざい 」

こんな何気ない煮浸しを作ると、「おばんざい」という言葉を思い出します

美しい言葉です。

おばんざいの「ばん」は番茶の「番」・・・「日常の」という意味。

おばんざいの「ざい」は惣菜の菜。

お番菜」は日常のおかずのことです。

                  特別養護老人ホーム「今井の郷」厨房にて
IMG_7781【栄養士から一言】
小松菜は抗酸化作用、免疫力を高める食べ物です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です