小松菜とさつまあげの煮物~小松菜は霜をかぶってから?


小松菜とさつまあげの煮物

【料理長から一言】

小松菜は霜をかぶってから食え

気温がマイナスになって凍ってくると、野菜たちは細胞内の糖度を増す事で身を守ろうとします。

これが寒さに当たると甘みが増す原理のようです。不思議ですね!自然の摂理は。。。

寒い季節になって、寒さや霜にさらされることによって葉肉が厚く柔らかくなり、アクが抜けて甘みが増していきます。

IMG_9127

カルシウム豊富

小松菜の栄養は半端じゃないようです。

小松菜のカルシウムは、骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症を予防する上で欠かせない栄養素です。

小松菜はカルシウムが不足しがちなご高齢者様にはぜひとも召し上がって欲しい野菜です。

IMG_9124

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です