竹輪入りきんぴら/更に一段味わい深く


竹輪入りきんぴら

【料理長から一言】

竹輪の歴史

竹輪の起源は弥生時代とも平安時代ともいわれているから、驚きだ。

日本は周りを海に囲まれ、こうした竹輪などの練り物は、先人たちの知恵の賜物だと思います。

日本の風土や食文化を背景に、魚を美味しく保存する方法として考え出されたのでしょう。

長い歴史の中で、受け継がれてきた知恵だと思うと、ありがたく、更に美味しく思えてなりません。

IMG_36942000年も前の、弥生時代の人は竹輪を棒に刺したまま、食していたのでしょうか?

更に一段味わい深く

今日は竹輪いりきんぴら。

竹輪を入れることで、きんぴらごぼうが、食感もよく、更に一段味わい深くいものになりました。 IMG_3696

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です