鮭の塩焼き/日本人で良かったぁ!


鮭の塩焼き

【料理長から一言】

古く昔から・・・

日本では大昔から日常的に鮭を食べてきたようです。

今でも、焼き鮭は朝食の定番ですし、鮭のおにぎりはコンビニでも人気ですね。

鮭は川で生まれ育ち、海に下って回遊し、また自分の生まれた川に戻ってくる習性であることも有名です。

秋になると一斉に川をのぼってくる鮭は、昔の人にとっては、冬を越すための貴重な食料だったのでしょう。

神様に感謝して大切に食べるという風習があったようです。

北日本や東日本の地域では、鮭は年末に食べる「歳取り魚」として特別な意味があるのも、こういった昔の風習のなごりなのでしょうね。

今でも、日本人が「最もよく食べる魚」「なじみのある魚」「好きな魚」のトップになっています。

IMG_9859

日本人で良かったぁ!

今日は「鮭の塩焼き」。しみじみと美味しいですね。私も大好きです。

香ばしくぱりぱりと焼けた皮。

脂ののった身は旨味がぎゅっと、噛むほどに味わいが増します

決して贅沢でもないけれど、鮭でご飯を食べる・・日本人で良かったぁ!

IMG_9858

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です