がんも煮/羽がなくて良かったがんもどき


がんも煮

【料理長から一言】

羽がなくて良かったがんもどき

ご存知のとおり、がんもどきは、、がんもどきは精進料理で、雁の肉に似せて作った「雁擬き」。

でも、がんもどきが 雁の味と言われても 今の私たちには共感できませんね。

でも、美味しいことには共感!

あの一口食べた瞬間の煮汁がブシュッ!ジュワッ!とあふれる感じ・・・美味しいですよね。

IMG_5039

昔の狂歌にこんなのがあります。

「雁 鴨は我を見捨てて飛びゆきぬ  豆腐に羽のなきぞうれしき」

お豆腐が好きなあまり「お豆腐に羽がなく良かったな」と言ってます。

がんもどきと雁とかけています。

いつの時代にも「純正でないもの」「ちょっとしたおふざけ」があるもんです。

IMG_5040

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です