さばの塩焼き/鮮度が命


さばの塩焼き

【料理長から一言】

さばを読む

実際より多く言ったり少なく言ったりして数をごまかすことを、さばを読むといいます。

江戸時代からある言葉。

サバは傷みやすいので,たくさんのさばを早口で数えて、時折、飛ばして数えて数いい加減に数えたことから、「鯖を読む」と言うようになり、現在の意味に転じた説が定説となっている。

IMG_5599

たっぷりと脂が乗った秋サバの季節ですね。

ホントにおいしいのですが、サバは鮮度が命。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です