まつたけご飯/日本人の魂


「まつたけご飯」無しには、秋の味覚を語れないと言っても、過言ではありません。

施設でも、秋の献立に、このメニューは外せません。

松茸が日本人に愛される理由は、香りです。

今や1本1万円以上する物もある高級食材だという現実は、外国人にとっては意味不明のようです。

松茸の香りは、日本人にとっては「気品ある香り、風味」・・海外では、「きつい匂い、嫌な臭い、臭い」のようで、文化の違いをつくづくと感じます。

IMG_1128

松茸の香りを愛する日本人のこころは、四季の喜びを感じる日本人ならではの意識です。

なかなか、豪快に焼き松茸は望めないご時世ですが、秋には一度、二度、松茸ご飯は外せない。

IMG_1136

日本人にとって「米」というのは、特別なものですが、その米に季節の食材を炊き込むことは、まさに長い歴史と文化が織りなす賜物だと思います。

春には「たけのこ」秋には「まつたけ」

このように愛するご飯で季節を感じることは、日本人の魂です。

IMG_1132

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です