オクラの海苔和え/委託給食サービス/フードプランナーアベイル


オクラの海苔和え

【料理長から一言】
「オクラ」というのは、日本語の野菜名だと思いましたが、実は英名「Okra」。
原産地アフリカからアメリカを経て、幕末に日本に入ってきたのだそうです。
表面の産毛は食感の邪魔になるので取り除きます。
塩をまぶして表面全体をこすったり、まな板の上で板ずりすると取れます。
塩を洗い落としてから、さっとゆでれば下処理完了。
今日は薄くスライスして、エノキ茸の小口切りともみのりと和えました。
IMG_5829
薄口しょうゆと味醂で味付けし、オクラの苦手な人も、抵抗なく召し上がれる食感です。
ご飯が思わずすすみますよ。

IMG_5831
【栄養士から一言】
オクラのネバネバはペクチン、ムチンなどの粘質物を含むためです。
ペクチンは整腸作用があり、血糖値の急上昇を押さえ、糖尿病の予防にも役立ち、ムチンにはタンパク質の消化を助ける働きがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です