天ぷら


天ぷら/委託給食サービス/フードプランナーアベイル

【料理長から一言】
江戸時代の人気のメニューは「すし」「天ぷら」「うなぎ」「すきやき」だったとか。。。
今とそう変わらないので、驚きます。
前にもご紹介しましたが、江戸時代には屋台が繁盛したそうです。
このころの天ぷらは、ご飯のおかずではなく、ファーストウード的なもの。
江戸っ子といえば、気は短く粋でいなせ。
そんな江戸っ子の気質には、この食べたい時にささっと食べれるものが受けたのでしょうね。
当時の貨幣価値で4文(80円くらい)で串刺しの天ぷらが・・・
IMG_6301今、世界文化遺産日本の食文化の大元(現代人の食生活の基本、食のライフスタイル)は江戸時代に形づくられたのではないかと思います。
今日のメニューは天ぷら。
施設のご高齢者様にも、天ぷらは変わらぬ人気メニュー。
ブラックタイガー、カボチャ、ピーマンをてんぷらにしました。
サクッと召し上がれる、軽い食感の天ぷらです。
季節の食材で作った天ぷらで、日本の季節を楽しむのもいいですね。
te

【栄養士から一言】
かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれているベータカロチンは、肌の老化を防ぐのにとても効果があります。ベータカロチンは身体に吸収されるときには油が必要・・・つまり天ぷらは理想的な調理法というワケです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です