炊き合わせ/和食の神髄を極める料理


炊き合わせ

【料理長から一言】

和食の神髄を極める料理

炊き合わせは、それぞれの持ち味を生かした方法で別々に薄味で煮ることが鉄則。

そして、絵画を思わせるように一つの器に 盛り合わせる。

 よく考えることは、和食の神髄は「素材本来の味わいを引き出すこと」であり、それを突き詰めると、「出汁を極めること」につながっていく。

まさに、炊き合わせは、本当に和食の神髄を、極める料理だと考えます

IMG_5714今日は、湯葉巻チキン、蕪、人参の炊き合わせです。

IMG_5712

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です