鶏肉の塩麴焼き/やっぱり不思議な調味料


鶏肉の塩麴焼き

【料理長から一言】

やっぱり不思議な調味料

塩麴は、麹に塩と水を加えて一週間ほど常温で発酵させたものです。

魚にも肉にも使える万能調味料として、近年、人気上昇中。

麹には酵素力が秘められていて、デンプンやタンパク質を分解して旨味(うまみ)や甘味を引き出して美味しくしたり、肉を漬けると、不思議と軟らかくなります。

発酵食品なので、納豆やお味噌と仲間としてひとくくり。

何だか、わかったようでわからない。やっぱり不思議な調味料。

IMG_3021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です