ほうれん草のお浸し/ひと手間かけて、ほんとうのおいしさを!


ほうれん草のお浸し

【料理長から一言】

ひと手間かけて、ほんとうのおいしさを!

ほうれんそうのおひたしといえば、定番中の定番ですが、ひと手間かけて、ほんとうのおいしさを!

高齢者の皆様のために、少し柔らかめに湯がいてみました。

しっかりアクをぬき、甘味が増しました。

おひたしは昔、浸し物と呼ばれていました。

出し汁に浸す過程でそう呼ばれたのでしょう。

湯がいて、ササッとお醤油をかけて頂くのもお手軽ですが、美味しい出し汁にしっかり浸すと、出汁をたっぷり吸いこみ、美味しくいただけます。

人参の細切りをプラスして、彩り良く小鉢に映えるお惣菜になりました。

hourenn

【栄養士から一言】

ほうれん草といえば、カロテン・ビタミン・カルシウム・ミネラル・食物繊維と栄養の宝庫ですので、積極的にメニューに取り入れたいです。

特に冬場のものは夏や秋に比べてビタミンCや糖度が高いことがわかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です